ド営業女子が、ママ マーケターに転身するまで

このページ内の目次

こんにちは!マクニカでDX/AI関連のマーケティングをしている三ちゃんです^^去年サウナにはまってから、週2~3は通ってメンタル安定に励んでいます♨。
ここではそんな私がたどった、社会人歴12年の軌跡をお届けしたいと思います!読んでくれている方にとって何かのヒントや前に進むきっかけになれば嬉しいです♪

【プロフィール】
2010年に新卒で入社し、営業に配属。仕入先の半導体製品を大手電機メーカーへ販売するフィールドセールスとして7年働いた後、産休・育休を2年取得。復帰後はマーケターとして、マクニカがサービス・ソリューションカンパニーになる道を加速すべく奮闘中!

【マクドナルドの話が盛り上がったから、入社した】
やりたいこともなりたい自分もなかった22歳。どんな仕事についたらいいのかな~と迷っていた当時の私は、マクドナルドでアルバイトをしていました。店長代理としてお店を任せられるくらい全力を注ぎこんでいたのですが、そこでの経験から学生ながらに、仕事をする上で自分にとって一番大事なのは「一緒に働く人と感覚が合うか」だと思っていました。そんな中マクニカの面接に行ったら、人事の方がまぁマクドナルドの話を聞いてくれる、そして理解してくれる!笑。その後も面接官や社員と話すにつれ、「この会社なら絶対楽しい!」と感覚的に思った私は、技術も商社も1mmも興味のないまま入社しました。

【仕事が人生のすべてだった20代】
女性のキャリアにおいて、すべての時間を仕事に充てられるのは20代だけだと当時思っていました。「結婚・出産したらそんなに仕事はできないから、今の間にできるだけ学びたい、働きたい!」そう思っていた私は、仕事中心の生活を送っていました。今となっては、子供を産んでからの30代のほうがよっぽどキャリア形成を加速させていますが、当時はそんなことになるなんて想像もしてなかったのです。
上司やチームメンバー、お客様にも恵まれて、忙しくも楽しかった営業時代。私は大手電機メーカーのサーバー・ストレージ開発部門を担当していたのですが、サーバー・ストレージの中身がどんな基盤でできていて、その上にどんな半導体がのっていて、それをどうアップグレードしたら装置自体のスペックが上がるか、みたいな会話を日々エンジニアさんたちとできるようになっていくのがやりがいにもなって、どんどん仕事に熱中していきました。おかげで(?)体重は増える一方、初めて会う人に趣味とか聞かれても答えられないという、「どんな20代よ!」と突っ込みたいくらいの生活を送っていました笑。でも、どんなに仕事がつらくても頑張れたのは、人で会社を選んだからだったなと思います。22歳の私、ぐっじょぶ!

【行き当たりばったりのキャリアだって、ありじゃない?】
26歳で結婚、29歳で妊娠。直前まで働いてから丸2年しっかりと産休・育休をいただきました。初めての育児に追われながらも、久しぶりに仕事以外のママ友という新たなコミュニティに入ったりして、これまでにない時間の使い方をした気がします。
でも正直、子供を産んだらどのようなキャリアをたどればいいのか、復職が近づくにつれ少しずつ不安にもなっていました。「これまでの延長で営業というキャリアを続ける?」「事務を新たに覚えてチャレンジする?」どれもピンとこないまま、あと数か月で復職となった時、営業時代にお世話になった先輩と同期がごはんに連れて行ってくれたのです。そこで「新規事業でマーケターやってみない?」と。新規事業もマーケティングも何にもわかっていないのに、二つ返事で「やりたいです!」と言っていました。思えば営業時代に「やってみる?」と言われたら「やってみます!」と答えていたその意気込みだけは買ってもらえていたのかもしれません笑。

【想像以上の、時間のなさ】
いざ、2年ぶりの職場復帰!部署は違うし、知っている人ほとんどいないし、やったことない仕事だし、そもそも「PCどうやって電源入れるんだっけ?」と初日の私は本当に使いものにならなかったと思います笑。
新規事業で取り扱うDX/AIなんて未知の世界。最初は時短勤務からのスタートでしたが、時短だからとかママだからって手を抜くのは負けず嫌いの精神が許しませんでした。戻ってからの約3か月猛勉強してG検定*を取得!(*ディープラーニングを事業に活かすための知識を保有しているかの試験、簡単に言うとAI関連の資格です)。半年後にはフルタイム勤務に戻して、バリバリ仕事をし始めました。
でも、定時で上がったあとに自分の時間なんてないんですよね。急いで子供を迎えに行って、ご飯作って、お風呂に入れて、寝かしつけして。定時内に終わらなかった仕事が頭に残っているから、思い通りにいかない時間割にイライラしていました。

【「べきおばけ」に苦しんだ】
復職してちょうど1年たった頃、初めてオリジナルソリューションをリリース!(よかったら見てください!▶Digital Synergy Factory)。商社であるマクニカが新たな一歩を踏み出すきっかけになるであろうソリューションを、企画からサービス設計、WEB制作、プレスリリース、その後のイベントまですべて建てつけていく仕事は、マーケターとしてやりがいを感じましたし、たくさん勉強もして自信にもつながりました。
でも、この頃は「べきおばけ」に苦しんで、周りとのコミュニケーションに非常に苦労している時期でもありました。タスクは即対応するべき、頼まれたことは断らないべき、任されたことは自分で完遂すべき、ごはんは手作りすべき、夜は子供と遊ぶべき・・・たくさんの「べきおばけ」を自分で作りだして、自分を追い込んでしまっていました。子供が晩御飯に出した焼きそばを頭からかぶった時は、本気で号泣しました。今考えると笑えますね笑。
人で会社を選んだ私自身が、「一緒に働きたくないと思われるような人になっていないか?」10年以上仕事をしていて、初めてコミュニケーションのあり方を本気で見直しました。

【今が一番楽しくて、やりがいがある】
人を頼る、信じる、任せる。自分が作った「べきおばけ」が正しいと思わない。そんな当たり前のことがようやく最近になってできるようになってきました。今年から管理職も任せてもらい、尊敬する最高のチームメンバーに新しいことをたくさん教えてもらいながら一緒にチャレンジしています。子育てにおいても変化があり、5歳の娘とは「今日はレストラン行っちゃう?」って女子会をやたらと開催するようになりました笑。
「女性のキャリアは20代がすべて」だと思っていた自分に、今の自分を見せてあげたい!30代、今が一番学んで、悩んで、チャレンジして、を体験できています。リモートワークが加速したことで、より自分の時間の使い方が自分次第になったことも大きいです。趣味も、サウナ・ピアノ・旅行・シュノーケルなど増えました^^子供ができ、チームメンバーが増えた今だからこそ、自分が幸せだと思う瞬間、笑顔でいられる時間を増やすことを何より大事にしています!

【最近、娘に言われた言葉】
「ママ、小さくまとまるなっ!!」
最近娘がはまっているクレヨンしんちゃんの受け売りだったみたいなのですが、急に言われて思わず笑っちゃいました。意味分かって言ってるのかな笑。 
でもほんと、そうですよね。ママ、頑張るよ!

最後までお読みいただきありがとうございました!

トップに戻る

関連記事

前へ

営業志望の理系出身者が技術職で入社したら、営業並みのバリバリ業務だった話

Page Top