中途入社2か月が見るマクニカ

このページ内の目次

こんにちは!2021年10月1日に中途入社しました、ドンキーです!
データ解析ソフトウェアを提供するSplunkの製品サポートチームにエンジニアとして所属しています。

今回は、中途入社してから2か月の初心者ペーペーが
■入社までの経緯
■マクニカに入社するメリットとデメリット
■未来妄想図
の3点についてお話しさせていただきたいと思います!

■入社までの経緯
まずは経歴を話しますと、2020年の8月に大学院を中退し、2021年の9月まで派遣社員として働いていました。派遣先は、官公庁、旅行会社、化学メーカーの研究職と、ITエンジニア職や現在携わっている業務とはまったく関係のない職場でした。(よくマクニカに拾ってもらえたなあとつくづく思います。)

関係ないからと言って、まったくITに興味がないまま入社したという訳ではないです。元々は統計学が好きで、それに付随した機械学習やデータサイエンスを2021年の5月頃から勉強し始めたのが、ITに興味を持ち始めたきっかけでした。

それから自己成長と最先端の技術を求めて、ITエンジニア職の転職活動をしているときに出会ったマクニカに応募しました。

■マクニカに入社するメリットとデメリット
メリット:
・優しい人が多い!
ここが入社して一番びっくりした点です。穏やかな人が多く、基本忙しいからなのかもしれないですが、怒鳴ったりや圧をかけてくる人が微塵もいないです。また、転職時にマクニカを調べていた時に、「風通しが良い、新人からベテランまで分け隔てなくコミュニケーションを取れる。」と書いてあったのですが、どうせ嘘だろと思っていました。

しかし、入社してみると所属チーム内の先輩だけでなく、部長や取締役の方が気さくに話しかけてくださったり、よく話を聞いてくださるので、風通しが良いというのは本当だったんだ、と感動しました。

・成長意欲への刺激が強い!
「権限委譲」の文化なのか、検証であったりお客様対応であったり様々な仕事を任されます。入社から半年の先輩が重要な顧客とのミーティングやデモに参加されているのを見ると、自分も頑張ってそのような責任の重い仕事に携わりたいという気持ちが湧き出てきます。

また、データサイエンスや最新のIT製品の勉強会などが週1~月1にあるなど、任意参加の勉強会が多く、自分の業務外の最先端の技術を学ぶ機会があります。加えて製品に関するIT系の資格勉強やロジカルシンキングを鍛える講義など、業務内の時間で自分の知識や技術を磨くことができます。


デメリット:
・やる気がないと難しい
社員のほとんどが高い成長意欲を持っているように感じます。参加者全員に意見を求める場面や少人数のミーティングが多く、人の意見や指示に従っていればいいという考え方だと、入社してから周りとの違いに不安になったりしそうです。逆に挑戦したい成長したいという気持ちと、業務にどんどん取り組んでいく行動力さえあれば、最新のIT技術に触れられ、様々な業務を経験できるのでやりがいを感じられると思います。(やっと手に入れた安寧の地!)

・手取り足取り教えてもらう時間はない
業務や課題について一つ一つ先輩社員が横にいて指示を出してくれるような時間はないです。基本は分からないことや障害となっていることを整理して、課内の先輩に相談しに行かなければならないです。

また課内の業務フローや蓄積された情報を探して、自分で読み解き、業務に反映させることが多いです。この部分は入社してから苦労しましたが、自分の困っている状況を整理する力や、欲しい情報を見つける力が培えていると思います。

マクニカ本社がある横浜とは関係のない写真ですが、私が世界で最も好きな川、京都市を流れる鴨川です。

南北に風が吹き通り、遠くまで川を眺望できる様子が、今マクニカで働いている自分の気持ちに合っているような気がします。

■未来妄想図
最近は量子コンピュータが気になり始めています。数年前は「そんな物ほんとにできるのかよ、、」とか「量子状態を制御ってどうやるんだよ。。」とか思ってたので、量子コンピュータの実用化がニュースになっているのを見て驚きました。まだ、量子コンピュータの技術について勉強途中ですが、ぼんやりと、機械学習 × 量子コンピュータの組み合わせで何か面白いことができないかなあ、なんて妄想しています。
■最後に
読み返してみて、カッコつけすぎかなあとか綺麗ごとを書きすぎかなあ、なんて自分の文章に悩んでいます(笑)。

働き始めて2か月経ちますが、異業種からの転職ということで不安を感じていた入社当初とは異なり、所属課内の方々にとても優しく接してもらいながら、新鮮で楽しい毎日を過ごしています。これからどんどん最新の技術を身に付けながら成長し、「あいつを採用してよかったなあ、、」と思ってもらえるように貢献していきたいと思います!

トップに戻る

関連記事

前へ

国際カンファレンスでの講演

次へ

ありマク座談会(営業職)_後編

Page Top