2足の草鞋

このページ内の目次

皆様こんにちは、S子です。私はクラビスカンパニーでネットワーク製品のセールス&マーケティングとDXコンサルティング室でビジネスコンサルの2足の草鞋をはいて日々活動している営業です。コロナ渦でオンライン商談が基本となっていましたが、緊急事態宣言も明け、少しずつ対面でお客様とお会いできる機会が増えてきたなあーという印象ですが、リモートと訪問のハイブリッドスタイルは今後も続くのかな・・・と感じている今日この頃です。

さて、ありマク2回目の登場となりますが、初めての方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に自己紹介します!神戸生まれのバリバリ関西人です。が、飛行機での移動時は必ず英語で話し掛けられ、クラスメートや会社の同期にはよく「どこの国の出身?」とか言われる感じですw。

新卒で某メーカーに入社し、海外営業部で働いていました。ある日、縦割り組織に疑問を抱き、部材の調達~お客様への販売を一括して担える職種はないものか?と思い立ち、商社であるマクニカへ転職。新横浜本社で半導体の営業ウーマンとして第2のキャリアをスタートしました。

マクニカに転職後は、アメリカ・台湾・中国・レバノンに本社を置く仕入先メーカー様を複数社担当しました。英語で条件交渉をしたり、納期調整したり、来日の際にお食事したり、お客様を一緒に訪問したり・・・と、なんだかんだ、あっという間に月日が流れています。転職して5年程で産休に入り、無事長女を出産し、産後8か月ほどで、復帰しました。

当たり前ではありますが、とにかく出産後は何もかもが初めてでした。子供、育てたことないですし・・・。そして、産休からの復帰を決めた時点でも悩みが!営業女性は今よりもまだまだ少なかった上に、産休明けの女性営業が周囲にはおらず・・・。本当に営業として成り立つのか・・・と恐る恐る仕事を開始しました。上司や同僚、お客様や仕入先のご理解・ご協力もあり、時短勤務もそこそこにフルタイム復帰を果たす事ができました。(何よりも娘が丈夫で元気だったのが一番助かりました!)

そして、これはとてもマクニカらしいのですが、フルタイム復帰した矢先、新規事業を推進しているDXコンサルティング室への兼務のお話もいただきました。それこそ、「本当に自分にできるのか??」と半信半疑でしたが、一緒に頑張ろうと上司が背中を押してくれたこともあり、「人生1度きり、後悔しない!」と決意して2足の草鞋を履く事を決めました。もちろん、毎日大忙しです。(細かく言うと、更にその後、もう1足、草鞋の追加がありましたw)

娘のお迎え時間というタイムリミットがある事で、強制的なタイムマネジメントが実施でき(笑)、移動時は常に小走りです。お迎え・夕食・お風呂・寝かしつけの時間帯を私は「第3ラウンド」と呼んでいるのですが、とにかく目まぐるしく毎晩過ごしております。仕事とはまた違った大変さ・・ですが、仕事からの(強制的な)切替にもなっている・・・気がします。もうすぐ4歳を迎える娘の姿を見て思う事としては・・・お客様と話をし、皆様が抱えられている課題解決を一緒に進めるというこのお仕事を続けられている事、本当に感謝しています。娘にも「仕事が楽しい!」と伝える事ができるのは、本当に嬉しい事だと思います。

仕事の楽しさ(&難しさ)がより増大しているポイントとして、ハイライトすべき点があります。「商社」というと、モノを仕入れて、販売するのがお仕事・・・と思われる方も多いと思います。それだけに収まらないのが、マクニカです。とことんお客様の課題を探り、解決まで伴走します。モノの販売だけではお客様の課題が解決できない時もあります。そんな時は、他のソリューションを組み合わせたり、新メニューを創り出したり、お客様が課題を解決できるよう導くため、何がお客様にとってベストな方法か、常に検討し続けます。その過程で、お客様・仕入先様・パートナー様との信頼関係を構築しながら、技術的な知見・確固たるノウハウも獲得し、自分たちもよりパワーアップしていきます。

さらにはお客様同士を繋げる懸け橋になる事も・・・最近では社会課題の解決をサポートしながら、企業自身の成長も促す=CSV(Creating Shared Value)というミッションも担っています。どんどんスケールアップしていきますね(笑)・・・日々悩みも尽きませんが、前向きな挑戦を続けています。

子育ても日々勉強、仕事も日々進化。初めての事に対しても怖がらず、常に突き進むという環境がなにやら私には合っているみたいです。今後とも、大きく・広い視野で皆様と一緒によりよい社会を作っていけるよう、お仕事頑張ります!

トップに戻る

関連記事

前へ

来年は寅年!

次へ

母として、秘書として、はたらくということ

Page Top