新規商材の立ち上げ経験

このページ内の目次

みなさん、はじめまして!
新卒でマクニカに入社し、今年の4月でついに社会人8年目になりましたKKです。
ここ1年はテレワークによる運動不足解消のため、旦那さんとジム通い+ランニングをがんばっています!帰宅してからの海外ドラマ/映画鑑賞が至福の時間です。
(今はThis Is Usを見始めましたが、Breaking Badのスピンオフ作品のBetter Call Saulの配信を心待ちにしています。笑)

私はネットワークス カンパニーに所属し、マクニカで新たに取り扱う製品の立ち上げをこれまで多く経験してきました。本ブログでは以下についてお話させていただきます!
■マクニカに入社した理由
■新卒でのPM経験
■新規商材の立ち上げについて

■マクニカに入社した理由
マクニカとの出会いは、留学先のアメリカで参加した就職活動イベント(ボストンキャリアフォーラム)でした。イベント最終日にマクニカのブースに立ち寄り、「この会社良いかも!」と興味を持ちました。就職活動時、将来自分が具体的にどういう仕事がしたいのか、どの業界で働きたいのか、なかなかイメージが沸かず絞り込みに苦戦していました。そんな中で大切にしていた基準は、大きく下記3つのポイントでした。
・先進国を中心として英語を使いながらグローバルに活動する機会があること
・日経企業であるものの、古風な社風ではなく、若手が活躍できる環境があること
・多様な業界の方々と仕事をする機会があること
マクニカは上記3点にぴったりマッチしていると感じたことや、お会いした先輩社員の全員が口をそろえて権限移譲やチャレンジできる環境があることをアピールしていたことが印象に残り、入社を決めました!

■新卒でのPM経験
入社後の配属では、IT商材のPS(プロダクトセールス)として、直接顧客企業に提案するハイタッチ活動と販売パートナー企業への営業活動の両方を担当していました。自分よりも社会人歴が長く、かつ圧倒的にIT知識が豊富な方々に向けて提案することに当初緊張していたのを覚えています。
ようやく業務に慣れてきた1年目の終わり頃に、マクニカで新しく取り扱いを始めようとしている製品のPM(プロダクトマネージャー)を任せてもらう機会をいただきました。権限移譲の文化やチャレンジできる環境があるとは聞いていたものの、ここまで早いタイミングで機会をいただけると思っていなかったので、「本当に私で務まるのか」という思いがありつつも、とてもワクワクしていました!
その後、とんとん拍子で話が進み、仕入先メーカーとの契約締結に向けたミーティングに参加するため、初めての海外出張(サンフランシスコ)にも行きました。

仕入先はサンフランシスコのベンチャー企業で日本には社員がいなかったため、毎日のようにアメリカと日本で電話会議をつなぎ、日本市場での販売戦略や技術的な課題について議論をしていました。仕入先の方々が来日した際には、お客様への同行や外部イベントでの講演などでスケジュールが埋まっていたため、土曜日に貸会議室を借りて議論を続けたり、一緒に都内観光したりもしました。今となってはとても良い思い出になっています。
新しい製品であるがゆえに、日本のお客様が求めるような細かな要素が欠けていたり、規約面も固まっていなかったりと、調整が求められることが山ほどありました。日本のお客様の声を的確に仕入先メーカーに伝えながら、より良い製品になるように一丸となって取り組んでいたことで、いい信頼関係が築けていたと思っています。

初めてPMとして担当したこの製品には強い思い入れがあり、担当を外れた今でもついつい状況が気になってしまいます。(笑)


(NYで開催された担当製品のベストプラクティスフォーラムに参加した時に撮影した写真です!メーカーのみならず、アメリカの多くの顧客ともコミュニケーションがとれる有意義な時間でした。)

■新規商材の立ち上げについて
初めての新規商材の立ち上げ経験をもとに、その後も様々な商材立ち上げに関与させていただきました。もちろん、全ての商材が売上に直結するわけではありません。検討段階でまだ日本市場には早い/合わないという判断の下、取り扱い検討が中止になったものもあれば、契約直後に仕入先が大手メーカーに買収されてしまったり、1年活動しても全く売れなかったり、、、様々な困難にぶつかります。

そんな中、日本で初めて製品が売れた時や、徐々に製品の認知度や需要が高まっていると実感できた時などは非常にうれしく、とてもやりがいを感じます。

これまではアメリカの製品を複数担当していましたが、今年から新たにイスラエルの製品を担当することになりました。別チームに所属している同期と製品の拡販を促進するためのマクニカ独自のサービスを検討し、忙しくも充実した毎日を送っています。これからも製品の立ち上げ成功を目指し、チームと協力しながら頑張っていきたいと思います!

トップに戻る

関連記事

前へ

新卒12年目の私とマクニカとラーメン二郎の話

次へ

チャイニーズinマクニカ

Page Top