起業よりも転職よりも、「社内転職」!

このページ内の目次

こんにちは! 私は、マクニカのイノベーション戦略事業本部(通称SIG:Strategic Innovation Group)に所属し、AIシステムやCBM(Condition Based Maintenance)サービスをコンサルタントとして担当しているT.Hと申します!

私は常に新しいものに触れていたい性分なので、長く同じ会社にいるイメージを描けなかったのですが、今年でとうとう入社14年目になりました。
このブログでは、この14年があっという間だった理由と、今まで出会った素敵なマクニカ社員の方をご紹介させていただきます!

<経歴>
2008年 名古屋営業所入社
半導体事業:コーディネーター職(受発注業務をメインに行う仕事です)
― Excelやオペレーションスキル以外に半導体の製品知識も身につけつつ、徐々にセールスに近い業務を行っていく
― 3年が経ち、そろそろ違うことをやりたくなる

2012年 セールス職として本社に異動
★半導体事業:コーディネーター職からセールス(営業)職へ転身
→未経験でもチャレンジに寛容だった会社に感謝!
― 国内プロダクトセールス担当として、新規顧客開拓から既存の大手顧客まで、業種も産業機器から車載、民生機器までなど多くの顧客を担当

2016年 海外プロダクトチームに異動
★半導体事業:国内プロダクトセールス担当から海外プロダクト担当へ転身
→英語を使う経験をした方が良いと機会をくれたTさんに感謝!
― 外資系大手サプライヤの企業文化やプロジェクトマネジメントに刺激を受ける
― 外資ベンチャー企業の日本でのビジネス立上げを担当し、海外の契約や商流移管をマネジメント

2018年 現事業部に異動
★セールス職から新規事業立ち上げ部門へ異動
→人生の最大の転機!Hさん、Aさんに感謝!
― お客様の課題整理からAIシステムの構築までトータルサポート
― 工作機械AI実装や、スマートメンテナンスの実現でお客様の目的達成を支援

■常にチャレンジできる環境
経歴のところでも記載していますが、今までやりたいことに自由にチャレンジさせていただいてきたなぁと実感しています。コーディネーターからセールスへ、国内セールス担当から海外仕入先担当へ、そして半導体事業から新規事業へ。知識やスキルを身につけながら、様々な経験をしてきました。
まさに、社内転職です!職種が変わると、扱うものも必要な知識もまわりの人も変わりますので、転職したのと同じ感覚になります!これは幅広い事業展開と多彩なポジション、そして風通しの良さがあるからこそ実現できることなのだと思います。今は新規事業の立ち上げの中で、お客様のやりたいことを実現するためのプロセスが、複雑な組み合わせ問題を解くようで、楽しくて仕方ありません。どのようなハードを使って、どのようなソフトで、システム構成で、誰に協力してもらって、、、とゼロから作っていくのです。マクニカには様々な経験やスキルをもったエンジニアが沢山います。私の突拍子もないアイデアを真剣に聞いてくれて、現実的かつ斬新なアドバイスをもらえたときに、「本当にすごいなぁ」、「頼もしいなぁ」と実感します。アイデアをカタチにして、それによってお客様に喜んでいただける、このサイクルができた時、最高に幸せを感じます♪

マクニカは本当にアグレッシブな人が多いので、新しいものへの挑戦という意味での転職や起業を考える人も一定数いるのですが、「やりたいことがあるなら、マクニカでやっちゃえ」と言って、新しい挑戦をしている人もたくさんいます。マクニカの先輩達のおかげで今の自分があると思っています。

■私が影響を受けた人
●私のメンターHさん●
「美味しいお酒とご飯を食べるために一生懸命働くんやで」など、数々の金言をくれる恩師。今でも仕事後の美味しいお酒を飲むときによく思い出します。面白くて、一緒にいると元気になる大好きな先輩!わたしもHさんのように周囲の人を元気にできる存在になりたいなと憧れています。

●とにかくもつ焼きが大好きなKさん●
昭和の営業感が拭えないが、新規事業の立ち上げを行っているマネージャー。休日の朝8時からもつ焼き屋さんに並ぶほどの、もつ焼き好き。仕事に対する情熱があり、部下を大切にするとても素敵な方!「仕事も遊びも全力に」というポリシーなので、飲み会の集合時間厳守や会場について厳しい。と、よく分からないところもあるけど、尊敬しています笑。

●SIGの女性エンジニアのみなさん
SIGの女性エンジニアのみなさんは優秀かつ人柄も最高に良く、「こんな風になりたいなぁ」と思わせてくれる方ばかりです。技術レベルが高いだけではなく、チームメンバーやお客様のことをよく考えてベストな対応&提案を行ってくれる彼女たちと一緒に働いていてとても刺激を受けています。

ここでは書ききれなかったですが、同じチームにも面白い人はまだまだたくさんいますし、今までものすごくたくさんの方々にお世話になってきました。

最高の仲間と好きな仕事に熱中できるこの環境に感謝です!

大好きな先輩との定期的な飲み会は大事

毎月のグループワークでみんなの“頭の中”を一緒に!

トップに戻る

関連記事

前へ

マクニカってどんな会社?

次へ

マクニカに転職して感じた面白み

Page Top